読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かかと水虫に気づいていない妊婦さんは意外に多い!薬や治し方を紹介

かかと水虫にかかっている妊婦さんって意外と多いんですよ!痒みがないからって放っておくと赤ちゃんや家族に水虫をうつしていまいます。そうなる前にクリアネイルショットで治しましょう!よく効く薬や治し方を紹介します。

かかと水虫?かかとのひび割れや乾燥の原因や治し方?

f:id:secondhandcar:20170224122203j:plain

かかとのひび割れの原因

妊婦さんに多い悩みに、足のむくみがあります。

妊娠中に足がむくみやすいのは、赤ちゃんにたくさんの血液を運ぼうとして、からだの水分量が増えるためです。

特に心臓から遠い足は、血行が悪くなりがちになるので、むくみやすくなります。

 

また血行が悪くなると、皮膚のターンオーバー(皮膚再生のサイクル)が遅くなるので、足のかかと部分が厚くなります。厚くて硬くなったかかとは、体重が掛かることによって、ひび割れやすくなってしまうのです。

 

妊婦さんが家でできる対策

乾燥によるかかとのひび割れを予防するためには、足のむくみを取るためのマッサージが有効です

入浴後、ボディクリームや保湿クリームを塗り、足の付け根からつま先まで、よくもみほぐすようにマッサージしてください。

こうすることで、むくみが取れて血行が良くなります。

血行を促進することで、肌のターンオーバーを高めてください。

 

また体を温めることも効果的です。

夏場でもできるだけ入浴して体を温めることで、血行が良くなります。

 

食生活を見直す

バランスの良い食生活は、皮膚の修復の手助けをします。

特にビタミンEを取ると血行が良くなり、かかとが厚くなるのを防ぐ効果がありますので、食事から効率的に取り入れることで、かかとの修復にも効果が期待できます。

 

かかとのひび割れやガサガサは水虫が原因となることもあります

見ただけで見極めるのは難しいですが、かかとが乾燥したり表面がひび割れたりするのは、白癬菌が原因となることがあります。

診断するには、病院で皮膚の一部を採取して、顕微鏡検査をするしかありません。

 

かかと水虫は、かゆみなどの症状がないので、原因が分かりにくいのですが、白癬菌がいれば水虫薬での治療をしなければ治りませんので、正しい治療をするのは、やはり病院で検査してもらうのが一番確実ですね。

 

もしかかとのひび割れの原因が水虫であれば、根気よく治療を継続することが大切です。

かかと水虫は、白癬菌が角質層の奥深くに寄生しているので、薬が届きにくく、完治までに時間が掛かります。

入浴後には尿素配合のクリームなどを塗って、皮膚を柔らかくしてから、薬を使うと効果的です。

 

まとめ

かかとのカサカサやひび割れは、しっかり調べないと原因が分かりづらいことがあります。

正しい治療をするためにも、病院で顕微鏡検査をお受けになることをお勧めします。

原因が分かれば、日々のケアで改善できるのか、薬を使わないと治らないのかが分かりますので。